人気の男優動画を見る♂

叶瑛士(かのうえいじ) 四之宮薙斗(しのみやなぎと) 相澤アスカ(あいざわあすか)
 2016-02-22 20.47.53  2016-02-22 20.49.07  2016-02-22 20.50.40
長瀬広大(ながせこうだい) 菊池智也(きくちともや) 真崎航(まさきこう)
 2016-02-22 20.53.25  2016-02-22 20.56.18  2016-02-22 20.57.21

イケメン美少年アイドルを付け狙う、怪しい影。。悪の手から彼を守るのは体育会系マネージャー!真反対な二人は仕事の関係を超えて固く結ばれる♡慰めアナルセックス!

イケメン美少年アイドルを付け狙う、怪しい影。。悪の手から彼を守るのは体育会系マネージャー!

高熱でうなされる美少年。副作用からか意識が朦朧としてしまっている。

少年の名はアヤセ。アヤセはその容姿から女の子と間違われることがよくあった。

そんな見た目から、芸能への道をスカウトされた。

芸能の道へ誘ったのはカノウという男。

カノウは芸能事務所に勤めており、あやせとはまるで逆の見た目の男。

がっちりした体格で、いかにもな体育会系。

アヤセはその見た目のため、昔から学校でいじめにあっていた。

カノウと出会ったのも平日の昼間。

かのうはあやせの見た目の美しさにも驚いたが、同時にこんな平日の昼間から

何をしているんだ?一体彼は何者だ?という疑問にかられた。

仕事の途中であったが、導かれるようにその子の後をついていき、

なにも考えずに声をかけていた。不審そうな顔でカノウを見つめ警戒する。

とりあえずお茶をしようと誘い、二人でカフェへ移動する。

自分が何者であるかを説明する。自分は何の仕事をしているのか、なぜアヤセに声をかけたのか。

一通り説明し終えると、あやせは口を開いた。

それでも自分は芸能関係なんか興味はない、と。

カノウは自分の思いを打ち明けた。自分はこういう仕事をしているが、

あやせに声をかけたのはスカウトではなく、単純に興味があったから。

あやせには人を惹きつける何かがあると。そんな人がもっと輝ける場を提供したいと。

正直、あまり興味はなかったが、自分のことをこんなに褒めてくれる人が今までいなかったので、

褒めてくれたことが純粋に嬉しかった。芸能ということに関して全く興味はなかったが、

アヤセもカノウと同じく、カノウという男に興味があったために申し出を承諾した。

真反対な二人は仕事の関係を超えて固く結ばれる♡慰めアナルセックス!

程なくしてあやせはカノウの事務所を訪れる。すぐに事務所の社長にも気に入られた。

デビューするや否や、瞬く間に人気者となったあやせ。

内気なネクラ少年から一転、一気にスターダムにのし上がった。

しかし右も左もわからないアヤセを付け狙う、大人たちの影も多くあった。

CDデビューや映画への出演など、甘い蜜を持ちかけてはあやせの体を狙ってくる変態たち。

華やかしい芸能界の裏では日常的にそんなことがあった。

悪の手から幾度となくアヤセを守ってきたカノウ。

しかし多忙をきわめるあまり、手が行き届かないことも。

そんな瞬間を狙われてしまい、あやせは餌食となった。

仕事の話のはずが男数人に囲まれ、怪しいバンでどこかへ連れ去られてしまう。

たどり着いたのはホテル。大柄な黒服の男二人に左右から羽交い締めにされ、

逃げることができない。そして一つの部屋の前で立ち止まった。

ノックをして中に入ると、待ち構えていたのはバスローブ姿の恰幅のいい男。

見覚えのある顔だ。あやせは近くまで行くと気が付いた。大手レコード会社の社長だ。

この男、業界内での評判が非常に悪い。

若いアイドルの卵などを、CDデビューを餌に食い物にしている。

もちろんそのことを知っていたカノウは、アヤセにまいこんできたデビューの話もきっぱり断った。

向こうの社長は苦虫を噛み潰したかのような顔をしたのを今でもはっきり覚えている。

今までそんなことはなかったのだろう、初めての対応に腹の虫がおさまらなかった。

そしてこんな強行手段にでたのだ。恐怖で震えるアヤセ。周りに味方は誰もいない。

奇妙なほどに優しく接する社長。飲み物を差し出す。

飲みたくはなかったが、恐怖と緊張で汗をかき、喉がカラカラで仕方がなかった。

一口含むと勢いでゴクゴクと飲み干してしまった。するとニヤリと笑う社長。

途端になんだか視界がぼやけ、クラクラとし始めてきた。

気がつけばベッドの上で、ぼんやりと社長が覆いかぶさっているのが見える。

だんだん意識が遠のいていく。すると何者かが部屋に侵入してきた。

入り口のところでガタガタ物音を立てながら、大きな声こちらへ向かってくる。

薄れる意識の中で、男たちが殴り合いをしている。カノウ。。さん。。?

再び目を覚ました頃にはまた違うベッドの上にいた。

まだ頭がぼーっとしてはっきりしない。横には傷だらけのカノウさんがいた。

一体何があったんだ?今まであったことを必死に思い返す。

自分が何をしていたのか、なぜカノウさんがこんな姿なのか。

すべてがわかった瞬間、無意識に涙が溢れてきた。。